樫の木会人物図鑑 #002

かしのき学園 保育士/Matsuda Riko
平成29年入職/兵庫県西脇市出身
園田学園女子短期大学 卒
好きな給食メニュー:煮物、魚のフライ(タルタルソース)

甘くないし、まだまだだけど…、好きだから。
「必死でやるしかない!」この環境がプラスになっています。

保育室にて体操のあと、園庭でマラソン♪身体を動かす療育が多いので、子どもたちと一緒に、心も身体もリフレッシュできます。

親戚に子どもが多かったこともあり、もともと子ども好きで、小学生の頃から保育園や幼稚園の先生になりたいという思いをもっていました。特に障がい児教育に興味があり、短大でも障がい児教育のゼミを専攻していました。これは小学校の同級生に自閉症の子がいて、その子とのかかわりが印象深かったことが影響しています。その子が私の名前を呼んでくれた時の感動は今でも忘れられません。尼崎にあって、障がい児施設もあるということで、短大の先生に樫の木会を勧めていただき、運よく1年目から障がい児施設のかしの木学園で働かせてもらっています。
希望通りとはいえ実際は大変なことばかりで、そんなに甘くないなと実感しています。

2年目に同期の子と2人でクラスをもたされ、経験もないし、本当に不安しかないって感じで…。でも必死でやるしかない!というこの環境がプラスになっていると感じます。必死だからこそ、子どもたちのほんの小さなステップから大きな感動をもらえるし、もっとスキルアップしたいという向上心をより強くもてるのだと思います。
仕事はもちろん、プライベートも大事にしたいと思っています。学生時代の友人と会うことも多いですが、保育士になった友人で辞めてしまう子が結構多くて、それって本当にもったいないって思います。オンとオフをうまく切り換えてリフレッシュしながら、好きで始めたこの仕事をずっと長く続けていきたいです。

左/はい、阪神ファンです(笑)。甲子園球場の盛り上がりが伝わります?そろそろ強い阪神が見たいなぁ。 中央・右/休日は必ず外に出るようにしています。買い物が多いですけど、たまに旅行とかも。東京に遊びに行った時に川沿いのライトアップがきれいで  そしておしゃれなカフェのドリンクとフードがおしゃれだったのでやっぱり


私の Must Item

仕事の中で必要となる場面が多くて常に持ち歩くので、ペン1本にも自然とこだわりが強くなります。色分けできることはもちろん、書き味や見た目なども大事なポイント。子ども受けもいいのでキャラクターものを選びがちですね。

採用情報

募集要項

選考の流れ、試験日、Q&Aもこちら

詳しくはこちら

説明会・見学会

見学会・質問会

オンライン説明会も行っています

お申込みはこちら